マルタ空港の市内へのアクセスやwi-fi・充電について解説!

みなさんこんにちは!ピジョンです!

今日はイタリアの南にある、世界屈指のリゾート地”マルタ共和国“にあるマルタ国際空港についてお話していきたいと思います。

マルタはレオ様が映画のロケで訪れた際に非常に気に入りそのまま家族で3ヶ月過ごしたというエピソードがあるように、過ごしやすいリゾート地として有名ですね。私はあのマルタの綺麗な海(特にアズーレウィンドウ)が忘れられません。。

マルタは人気のリゾート地でありながら高級ホテルの価格が低いことも嬉しいですね。また、マルタは世界中のパリピが集まる街として知られているという側面もあります。(笑)

ここではそんなマルタの、日本から旅行されるみなさんにとって気になるであろうwi-fiや空港から市内へのアクセス、充電スポットについて解説していきたいと思います。

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

マルタ空港から市内へのアクセス

マルタ 空港 市内 アクセス

マルタ空港から市内への交通手段はバスかタクシーになります。マルタに電車や地下鉄、トラムというものが存在しないので・・・(笑)

やはり便利なのはタクシーです。タクシーならば行き先をつげて乗るだけですからね。

しかし、非常に治安の良いマルタ(実は安全な国ランキング世界2位)といってもぼったくりは怖いものです。念のために、乗車前に運賃の確認はしておきましょう

参考までに、空港から主要都市サンジュリアン(St.Julian)までは20ユーロでいけます。時間は15分ほどですね。

日本人の感覚だとタクシーで3000円かからないのは安く感じますが、マルタなどヨーロッパの平均的な相場よりは高めの印象を受けます。

バスの場合は格安でなんと乗車賃が一律でたったの2ユーロ(ローシーズンは1.5ユーロ)です。しかもバスは一度料金を支払えば、その時間から90分は公共バス全線乗り放題です。非常に安いですよね。

バスの移動にかかる時間は、空港からサンジュリアン(St.Julian)まで30~40分といったところですね。

しかしバスにはデメリットもあります。バスは非常に時間にルーズなのです。バスの到着時間が30分、1時間と遅れることがざらにありますからね。。

バスの時間や目的地までのルート等は下記のページを参考になさって下さい。マルタ等は非常に小さいのでバスを乗り継げばどこにでも行けるようになっています。

国内交通手段 | マルタ観光局のホームページ

結論としては、無駄な出費を抑えての旅行で時間に余裕のある場合は公共バス、長い時間待つのが嫌いだったり予算に余裕のある方はタクシーをオススメします!

スポンサーリンク

マルタ空港のwi-fi

IMG_5521

マルタ空港では無料でwi-fiを使用することができます、特に時間制限等はありません

wi-fiへの接続方法はまず”Maltaairport Wi-Fi“というwi-fiに接続します。

そうすると上の画面に接続されますので、規約を読み同意ボタンの”Accept”を押下します。

なんとこんな簡単なステップだけでwi-fiに接続できてしまいます。会員登録など、個人情報の入力を求めるwi-fiが多い中、非常にシンプルで良心的なwi-fiサービスだといえるかもしれませんね。

接続速度も問題ありませんでした。

スポンサーリンク

マルタ空港の充電

マルタ 空港 充電

マルタ空港にはたくさんの充電スポットがあります。

充電ができる待合テーブルにはBF型のコンセントの差し込み口やUSBの接続口がたくさんありました。

充電ケーブルの差し込み口のあるテーブルは待合スペースに非常に多くありましたので、スマートフォン等を充電するのには全く不自由しませんでした。むしろ座席もたくさんあり、座りながら充電することができたので快適でさえありました。

  

いかがでしたでしょうか。

マルタにはアズーレウィンドウに代表されるような綺麗な海があり、非常に過ごしやすく楽しいリゾートです。また物価も高くないので非常に満足度の高い休暇を過ごせることと思います。

是非マルタ空港から最高の旅への第一歩を踏み出してみて
ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする