Alexa Custom Skillのエンゲージメントをあげる&収益を稼ぐ方法を解説!

こんにちは!ピジョンです!

先日の記事で高い顧客エンゲージメントをもつAlexa Custom Skillを作成するとAmazonから報酬がもらえることをご紹介しました。

また、Amazonがどうしたら高い顧客エンゲージメントを持てるようになるのかを分析した結果、以下の7つの要素が重要であることもご紹介しました。

1. 声によりタスクを迅速に、簡単に行えるようにする
2. 分かりやすく、覚えやすい名前を持っている
3. なにができるかが明確になっている
4. フリクションが最小化されている
5. ユーザーにサプライズと喜びを与える
6. フレッシュなコンテンツを提供する
7. コンスタントな信頼性がある

今日はこの7つの要素について、公式のドキュメントをもとに詳しくお話していきます!

スポンサーリンク

1. 声によりタスクを迅速に、簡単に行えるようにする

この項目はだいぶイメージしやすいかもしれませんね。

ドキュメントには、今ある方法より快適なユーザー体験を提供するべきであると書かれています。

ユーザーはスマホアプリでもタスクを行えるわけですから、それと比べて不便になってしまえば当然ユーザーのエンゲージメントは低下します。

スキルを作る目的を忘れないようにしましょうという教訓かもしれませんね。

2. 分かりやすく、覚えやすい名前を持っている

これは音声アシスタントにおいてかなり重要です。

なぜなら、Alexaからカスタムスキルを呼び出す時にスキルネームをユーザーに発話してもらう必要があるからです。

たとえばこんな風にですね。

alexa

ホームスクリーンにスタイリッシュなアイコンを配置することを目指すスマホアプリとは大きく異なりますね。

最もスマホアプリと特徴が異なる点といっても過言ではないかもしれません。

名前を覚えやすく分かりやすいものにする方がよりクリエイティビティが必要かと個人的には思います・・・

スポンサーリンク

3. なにができるかが明確になっている

スキルを呼び出した時に、ユーザーがどう対話したらなにができるのかという情報が適切に与えられることが重要です。

カスタムスキルとの会話の中でということですね。

そうしないとユーザーはどう会話したらタスクをこなせるのか、一体なにをどこまでできるのかという点がわからずにスキルを使用しなくなってしまいます。

これは音声に限らずメッセージングアプリを含めたチャットボット全体にある問題だと思いますね。

チャットボットは操作の自由度が高いため、かえってユーザーがどう操作したらいいのか分からなくなってしまうという現象がよく起こります。

高機能なスキルでも使いやすさを意識しないとダメなものになってしまうということですね。

4. フリクションが最小化されている

ドキュメントには、カスタムスキルにケーパビリティを持たせるうえで、ユーザーに不必要なペインポイントやフリクションが起こらないことを保証するべきだと書かれています。

そのための対策としてアカウントリンキングによって声だけではとれないユーザー情報を取得することをおすすめしています。

ただユーザーのデータを収集していくうえではアカウントリンキングは絶対必要なものではありません。

なぜならAlexaにユーザーがIDがあるため、違うセッション間のデータを紐づけて統一して集めることができるからです。

しかもユーザーIDは一度ユーザーが自分のAlexaアカウントからカスタムスキルを削除しても有効です。

スポンサーリンク

5. ユーザーにサプライズと喜びを与える

音声のおいては会話にバリエティを持たせることが重要であるとAmazonは言っています。

スマホアプリは統一されたUI、操作方法で使いやすいことが重要であるのに対し、スキルにおいては誰も同じような会話をしたがらないことが書かれています。

これはなるほどと思いました。目からウロコの情報だと思います。

この項目のスマホとは大き違う特徴をについて書かれていて非常に面白いですね。

でもディベロッパー泣かせな内容であることも間違いありません。(笑)

会話のフレーズを考えるのは非常に楽しいですけどね。

僕は好きです。

でも本当に大変なのはフレーズを管理することなんですよね・・・

6. フレッシュなコンテンツを提供する

これは直前の項目と似た内容ですね。

ユーザーにスキルを継続して使用してもらうには新しい情報を届け続けないといけません。

またこれはフラッシュブリーフィングスキルにおいては特に顕著です。

コンテンツのフレッシュさを担保するのには外部連携しやすい内部アーキテクチャにすることが非常に重要になってくると思います。

ここはカスタムスキルを開発するときにディベロッパーにとって一番楽しい部分かもしれませんね。

スポンサーリンク

7. コンスタントな信頼性がある

これは常にカスタムスキルが安定して動作することを言っています。

たしかにUXにおいては非常に重要ですし、よく正常に動作しなくなってしまうためにユーザーのエンゲージメントが低下してしまってはつまらないと思います。

ここの対策としてはやはりスケーラビリティが高いAWSのサービスをうまく活用することになるでしょうか。

急激にレスポンスが増えたとしても素早くスケールしてくれますし、使用した分だけしか課金されないのも魅力的ですよね。

その点においてはこのようなAlexaのカスタムスキルを作るような少数なチームとって非常に使い勝手のいいサービスにAWSはなっているのではないでしょうか。

Alexa Skill Kitとも簡単に連携できますしね。

なんだか営業みたいになってしまいました。(笑)

  

いかがでしたでしょうか。

いよいよ日本でもAmazon Echoが11月8日に発売になります。

ブルーオーシャンであろうAmazon Alexaのスキル市場でスタートアップを決められるようにしっかりと準備をしていきたいものですね。

もしこの記事の需要があるようでしたら、随時コンテンツのエンハンスを行なっていきたい思います。

また、以下の記事もあわせて参考にされてみてください。

Alexa Custom Skillの報酬でマネタイズする方法!高い収益で稼ぐコツも
みなさんこんにちは!ピジョンです! ついにAlexa搭載のAmazon Echoが日本で発売になりましたね。 発売日は1...

それでは今日はこのへんで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする