YOGA BOOKの口コミ&評価やwith WindowsとAndroid版の比較・違い

みなさんこんにちは!ピジョンです!

今日は最近話題の2 in 1タブレットYOGA BOOKについてお話ししていきたいと思います!

YOGA BOOKの広告動画をみて「おっ!これはなかなかスタイリッシュで使いやすそうじゃん!」と思った方も多いのではないでしょうか。

僕がそう思っただけですが。(笑)

というわけで今日はYOGA BOOKについて詳しくお話ししていきたいと思います!

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

YOGA BOOK

YOGA BOOKはまるでノートのように薄く、また操作することができる2 in 1タブレットです。

2 in 1タブレットというのはただのタブレットではなく必要に応じてライトアップキーボードを操作できる、まるでPCのようにも使えるということですね。

一番の特徴は紙のノートのような形状、操作性とそれと合わせて本物のように使えるペンだと思います。

ペンで書いたメモや絵を簡単に保存することができ、キーボード入力の必要を感じさせません。

クリエイティヴ活動をしている方はすっごく便利かもしれません。

オフィスワーク向けではないかもしれませんが、プライベートにはもってこいだと思います。

スポンサーリンク

with Windows版と Android版の違い

YOGA BOOKのAndroid版とwith Windowsの違いはあまりないようです!

そのままになってしまいますが、オフィスワークなどに必須のWindows OSが使用できるというのが大きな違いになっていますかね。

あとは値段でしょうか。

YOGA BOOKのAndroid版は5万円弱、with Windows版は6万5千円弱です。

約1万5千円の差を大きいとみるか小さいとみるかですね・・・

僕にとってはすごい大きいです。(笑)

1万5千円うかせられたら、1つのサブスクリプション型サービスを一年間無料で楽しめるようなもんですよね。

プライベート用にワードやエクセルという使いたいというだけでwith Windows版を購入するのは得策ではないと思います。

今の時代はGoogleドキュメントやスプレッドシートなどネット上で使える無料のソフトがすごく充実していて、個人で使用するぶんにはなにも問題ないですからね。

有料ライセンスソフトの時代はほぼ終わったように感じます。

Windowsが使えることの魅力はあまり感じません。

そもそもタブレットとして使う人が多いと思いますからね。

スポンサーリンク

YOGA BOOKの評価・口コミ

最後にYOGA BOOKの評価や口コミを紹介していきます!

やはり指よりペンの方が扱いやすくしっくりくるという声が多く、操作性に満足している方が大多数のようです!

見た目の洗練さを気に入ったという声も多く聞かれました。

これからはスタバでYOGA BOOK片手にアート活動に勤しむ人が多くみられるようになるかもしれません。

これまでは個人作業をしている人はMac Book一択でしたが、これからは様々なタイプのPCを持つ人が電源カフェに現れるかもしれませんね。

  

いかがでしたでしょうか。

最近はSurfaceやYOGA BOOKなど様々なスタイリッシュな製品が出てきています。

これからはどんな製品が流行っていくのでしょうか。

ただ私はApple製品のデザインに込められている想いやこだわりが好きなので、まだまだApple製品を使い続けていきたいと思います。

Amazonのスマホには期待していましたが、生産中止になってしまいましたね。(笑)

それでは今日はこのへんで。また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする