Amazonパントリーのメリット&デメリットと送料・手数料まとめ

こんにちは!ピジョンです!

今日は意外と知られていない!?Amazonパントリーについてお話ししていきたいと思います。

Amazonプライム会員になっていれば誰でも利用できるサービスになっている訳ですが、そのメリットや便利さがわかりづらいものとなってしまっているのもあり、Amazonプライム会員でもAmazonパントリーについてよく知らないという方が一定数いるような気がします。

そんなわけでAmazonプライム会員になるか迷っている方のためにもその特典であるAmazonパントリーについてそのサービスの概要や利便性を紹介できたらと思います。

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

Amazonパントリーとは

Amazonパントリーとは日用品や食料品などの低価格の商品をまとめて購入できるサービスになっています。

日常の消耗品を一気買いして、それをAmazonに1つにダンボールにまとめて送ってもらうんですね。

最大の特徴は買い物の手間を減らすことができる、買い忘れを防止できるところにあります。

日用品をまとめ買いではなく1つから気軽に買えるというのは1人暮らしをしている方にとっては嬉しいサービスかもしれません。

扱っている商品も幅広く近所にあるスーパーマーケットと遜色ないものになっています。

細かいものをバラバラに選んでもダンボール1つにまとめて送ってもらえたら受け取りや開封の手間を非常に減らすことができます。

テーマBOXなどすでにラインナップが組まれたセットもあります。そのテーマに沿ったものがあらかじめ漏れのないようにダンボールひとまとめになっているわけですね。

利用条件はAmazonプライム会員になることになっています。Amazonプライム会員の特典となっている便利サービスといった感じでしょうか。

Amazonパントリーを利用したいからプライム会員に入る決断をするほど魅力的なサービスではありませんからね。

スポンサーリンク

Amazonパントリーの送料・手数料

Amazonパントリーの利用には普段のAmazonプライムでのショッピングと異なり290円の手数料がかかってしまいます。

ただセール条件などをみたせば手数料がタダになるというキャンペーンをよくやっています。

そのキャンペーンを利用すれば普段のAmazonでの買い物より安くおトクに日用品を揃えることができます。

セール条件というのは対象商品から4点買うことなどを、比較的に簡単なものであることが多いです。

セールの対象商品はよく変わるのでタイミングががあえば時間とお金の両方を節約することができます。

スポンサーリンク

メリット・デメリット

最後にAmazonパントリーのメリットとデメリットを整理してみたいと思います。

一番大きいメリットとしてはやはり手間の削減であると思います。

Amazonパントリーを使えば日常消耗品に関しての受け取りや注文の手間をほぼなくすことができると思います。特にテーマBOXは楽ですよね。

あとは他のメリットとして、Amazonプライムで買うより安い商品があることと、まとめ買いではなく1つから商品が購入できることはやはり大きのではないでしょうか。

デメリットとしてはセール条件を満たさないと手数料が290円かかってしまうところでしょうか。

セールを使って手数料をなくすことができたとしてもつい余計なものを買ってしまったということになってしまうような気がします。

ただAmazonパントリーに限らずモノを買いすぎてしまうというのはネットショッピングそのものについてまわるリスクですよね。

  

いかがでしたでしょうか。

Amazonプライム会員になっていても知らなかったり使っていない方も多いAmazonパントリー。シーンを選んで使用できたら非常に便利だと思います。

Amazonプライム会員になるかどうか迷っている方もぜひこの機会にAmazonプライム会員の便利さについて考えてみてください。

それでは今日はこのへんで!

スポンサーリンク