FacebookのMessenger(メッセンジャー)で送金!手数料や日本の対応時期

みなさんこんにちは!ピジョンです!

最近、SNSがますます便利になっていますね!具体的にはあのMessengerで送金ができるようになりました!

今日はそのMessengerの便利な送金機能について、気になる手数料や今後の日本への対応時期などについてお話ししていきたいと思います!

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

Messangerとは

messenger

Messenger(メッセンジャー)とはFacebook上のメッセージツールです。

今では世界中のほぼ全ての人が登録しているFacebook、意識せずともそのメッセージ機能は使ったことがあるよという方も多いのではないでしょうか。

連絡先を交換していなくてもFacebook上で知り合ったりみかけたりするだけで気軽にメッセージを送ることができるので非常に便利ですよね。

LINEのスタンプのようなステッカーの他にGIFも送れるので会話が賑やかで楽しいものになります。

スポンサーリンク

Messangerで送金が可能に!?その手数料は?

送金

その便利なMessengerになんと送金機能が実装されました!しかも手数料はタダです!

Messengerの画面上で$マークをクリックするだけでお金のやりとりができるというものです!これは様々なシーンで活用できそうですよね。

ワリカンしたいのに細かいお金がない時やお金を渡し忘れてしまった時などがぱっと思い浮かびます。財布を忘れてしまったり手持ちが足りない時にも便利ですよね。

個人的にはガソリン代の清算に使用すると非常に便利な気がします。

女の子によくある?今日は財布を忘れてしまったなんてイイワケも今後は通用しなくなってしまいます。もともと通用していなかったかもしれませんが。(笑)

ただし送金機能の利用にはFacebookアカウントにアメリカの銀行(今のところ)のデビットカードを登録することが必要となります。暗証番号も設定できるようになっており、セキュリティ面に配慮されています。

スポンサーリンク

送金機能の日本への対応時期

送金

Messengerの送金機能はまだ日本には対応していません。

ただ”Messenger 送金”でググるとFacebook公式の日本語のヘルプページが出てきます。日本語でMessengerの送金機能の概要や使い方を説明してくれています。

このことからいずれ日本でも送金機能を実装していくであろうことが予想されます。

どこの銀行のデビットカードと連携していくのかがミモノといったところでしょうか。また詳細な日程情報を入手したら追記していきたいと思います。

現金主義の日本にはオンライン上の送金やワリカンはまだ根付いていませんがアメリカではオンライン上で送金することが普通の文化になっているようです。Facebookがまたもや人の生活スタイルを変えていくことになるのでしょうか?

  

SNSに様々な機能が追加されていきどんどん便利になっていきますね。Facebook上で送金までできるようになると現実とSNSの垣根がますますなくなっていって、まるでFacebook上に住んでるかのような気分さえ感じてしまいます。

メールがなかった時代を回顧するように、昔はどうやってお金のやりとりをしていたんだっけ?なんて思う日がくるかもしれません。いまから楽しみです。

それでは今日はこの辺で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする