Uberの日本での評判・口コミまとめ!料金比較や注意点についても

こんにちは!ピジョンです!

今日は世界で様々なムーブメントを起こしているUberについてお話ししていこうと思います。

海外の主要都市ではかなりメジャーなものとなっているUber。SNSサイト等を見ていると旅行した際にUberを利用した!といった投稿を多く見かけるようになった気がします。

もはやUberを体験してみることも旅行の目的の1つにしている方も多いかもしれません。

しかし、Uberは日本ではまだまだ馴染みの薄いものであるかもしれませんね。

今日はそんなUberについて日本での評判や口コミ、他のタクシーとの料金比較、利用上の注意点をお話ししていこうと思います!

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

日本でのUberの評価・口コミ

タクシー

まず日本で実際にUberを利用した人の評価や口コミをみてきましょう。

実際に利用した人の中にはやはり高級感・ラグジュアリー感を感じている方が多いようです。日本でのuberのサービス満足度は非常に高いようですね。

次では実際に利用する場合の料金や注意点をみていきましょう!

スポンサーリンク

Uberと他との料金比較

ここでは東京でタクシーを利用するケースをとりあげえてお話ししていくことにします。そのためにまず前提として東京都心部のタクシー料金が改定されたことについてから説明していきますが、不要な方は読み飛ばしてください。

東京では2017年1月末から一般のタクシーの料金が改定されています。なんと初乗りが410円になったとのこと。

1.052kmで410円、以後237m毎に80円が加算されていくという仕組みです。また時速10km以下の場合は90秒毎に80円が加算されます。

一見安くなったように感じますが、実は2km以上まで利用する方にとっては値上がりしていますね。同じ2km走った場合は以前と同じ730円となっています。

また迎車の料金は、日本交通のタクシーの例をとって紹介しますと、予約料金が410円(1台ごと)、迎車料金が410円がかかるので合計で820円かかる計算になります。

“全国タクシー”や”日本交通タクシー配車”アプリを使って予約をすれば、予約料金がかからないので迎車料金の410円だけとなっています。

電話対応に410円もとっているのは少し衝撃ですね。笑

完全に客層を中高年層に絞ったということでしょうか。少子高齢化という社会背景も踏まえた戦略なのかな。

今回の料金改訂はなんだかインパクトが大きかっただけに少し落胆してしまうような内容ですね。

確かに遠距離で利用する客はタクシーの料金の微差は気にしていない、または不満を持っていてもタクシーを使わわざるを得ないと予想されるので、客足には影響しないでしょう。強気な料金設定となっています。

ていうかそれ以前に、時間で加算される場合もあったりして料金体系が複雑すぎ・・・

一方、Uberでは簡単に利用料金を見積もることができます。

下記のuber公式サイトで、行き先と現在地を入力するだけで料金を見積もることができるのでぜひ試してみてください。

ご利用の都市で料金の見積もりをする | Uber

例えば渋谷のヒカリエから新宿御苑までの4.5kmの区間でタクシーを利用した場合を想定してシュミレーションしてみます。

ヒカリエの前にはたくさんのタクシーが空車として止まっているかと思いますが、あくまでこれは例なので電話で迎車をお願いする場合を想定してみます。

4.5kmというのは初乗りの1.052kmに237m × 15回を加算するという距離なので、実際の走行料金は1,610円になります。そこに配車代の810円がかかるので、総額2,420円といったところでしょうか。

次にuberのサイトでヒカリエから新宿御苑までの料金を調べてみます。¥2,269 ~ 2,994と出てきました。下の画像がそれですね。詳細ボタンを押せばその料金体系も確認できます。

結論としてはこの程度の区間で利用するならば値段はどちらもあまり変わらないようですね。海外では一般のタクシーよりもUberの方が安くなっているので、少し残念なような気もします。

ただuberは同程度の料金で、高級な車、上級なサービスを楽しめることを考えるとコスパは断然良く、そういう意味でのお得度はUberに軍配があがりそうです。

当たり前ですがUberのクーポンを持っている方にとってはUberの方が断然お得になります。

またUberは空港空港からは定額料金制度を開始しています。しかも初回利用時は30パーセントOFF!!(プロモーションコードの入力が必要です。)

例えば、プロモーションコードを使用して品川や新橋などの都心部まで行くと4270円しかかからないということになります!高級なタクシーを使用したのにですよ!

これは非常にお得かつ、安心な料金形態かもしれませんね。

スポンサーリンク

Uberの注意点

Uberには注意点が2つあります。

まず、実は東京ではまだUberに登録している車両が少ないために必ずしもすぐにタクシーが配車されるとは限らないことです。

タクシーが近くにいるかどうかで待ち時間が10分前後変わってしまうようです。利用できるタクシーはありませんと表示されてしまうことも・・・。どうやらタクシーが現在地から15分以上かかるところにしかいないとそう表示されてしまうみたいです。

またuberでは乗客がタクシードライバーをレーティングしているのと同時に、実はドライバーも乗客を評価しています。

そんなことはしないと思いますが、お客様は神様的な横柄な態度や泥酔してしまったがための迷惑行為をしてしまうと次回からサービスを利用できなくなってしまう可能性があるので気を付けましょう。笑

  

いかがでしたでしょうか。日本のUberは海外に比べて少し特殊なようですね。

ぜひみなさんも一度使ってみて、その利便性などを体感されてみてください。

またUberはどこにでも食事を届けてくれるUberEATSというサービスも展開しています。

非常に便利なサービスですので、ぜひ次の記事もあわせて読んでみてください!

UberEATSは安い!公園でやってみた感想・体験談も紹介
みなさんこんにちは!ピジョンです! 今日は革新的フード配送サービスUberEATSについてお話していきたいと思います。 ...

ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ステマに騙されるなよw より:

    Uberって白タクでしょ?今は客を増やしたいからハイグレードなタクシーを雇ってるけど↑が普及した途端海外みたいにポンコツ車のDQNが暴走して運ぶんだろなww