uberPOOLとuberPLUSとは?日本はいつタクシー相乗り定額へ?

uberPOOLとは

uber

uberPOOLとはタクシー相乗りマッチングサービスです。

uberPOOLは近くにいる同様の目的地や同方向を目指す乗客をピックアップできるルートを導き出してくれるすごい機能を実装しています!多少寄り道することにはなりますが、料金をシェアできるのです!

料金は事前に知ることができ、それから増えることはありません。ケースにもよりますが、通常のuberより2,3割安くなるようです。

急いでいるわけではないので、なるべく安く楽に移動したい!という方に最適なサービスとなっています!

知らない人とのタクシーの割り勘が簡単にできる時代がきています!時代の進歩はすごいですね!

僕も東京に住んでいた時に、つい飲み過ぎて終電を逃してしまいタクシー乗り場で必死に同方向の人を探して割り勘しないかと持ちかけた経験がありますが、やはり相当の労力と根気を要した記憶があります。

しかし、今はそんな泥臭いことをする必要がなくなってしまったんですもんね。タクシー代を安く済ませたいと思ったら、スマホを取り出せばいい時代です。むしろタクシーを他人と割り勘で利用している方がスマートにみえるかもしれません。

スポンサーリンク

月額定額プランuberPLUS

uber タクシー

Uberは2016年の夏頃からuberPLUSという定額プランの導入をアメリカの主要都市で開始しています。タクシーの話ですよ。すごくないですか。日本ではまだまだタクシーは高級な乗り物という価値観が根付いているのに。

月額定額でuberPOOLを一定回数利用できる仕組みとのこと。料金体系はまだ実験段階ということでフィックスしているわけではないですが、都市によって違うようです。

例えばサンフランシスコでは月40ドルで最大40回サービスを利用できるみたいです。

通勤の行き帰りに利用した場合にちょうど1ヶ月40回ほどになりますでしょうか。そうすれば一回あたり1ドルでUberのサービスを利用できる計算になります。

このような定額で一定期間のサービスモデルはサブスクリプションと呼ばれています。Amazonプライムの動画や音楽配信サービスやNetflixの映画やドラマ見放題の定額サービスなどが有名だと思います。

しかしそれがタクシーまで利用できるようになってしまうとは・・・。もうなんでもアリなんですね。人の価値観がインターネットサービスに追いつけていないような、そんな違和感さえ感じます。

スポンサーリンク

日本のタクシーの今後

日本ではまだuberPOOLやuberPLUSなどのサービスを利用できません。日本ではまだ白タクの参入も規制されており、Uberの醍醐味ともいえるuberXも利用できない状況です。

uberXについてはこちらの記事を参照してください。

uberXとは?人数などuberXLとの違いや日本での開始時期など

現在日本でのUberといえば高級タクシー配車サービスとして知られています。世界的な視野で見る非常に違和感を感じてしまいますね・・・。

しかし、日本でも白タクやライドシェア解禁にむけて政府の動き始めています。

安倍総理が2015年に白タク解禁案を提案していますし、ライドシェアに関しては2017年から政府の規制改革推進会議が解禁の検討を始めています

東京オリンピックにむけてより利便性の高い導入していこうという動きなのでしょうか。確かに今のままでは世界中のツーリストから日本のタクシーは料金が高く利用しにくいというバッシングを受けてしまいそうな状況です。

まずは2018年頃あたりの白タク解禁を目指していくといった形でしょうか。白タクさえ解禁されればuberPOOLの実現はすぐそこまでくると思います。

なんにせよ法が改正され、Uberが日本のタクシー業界を変革してくれれば、僕たちの暮らしは大きく変わることでしょう。

人口密集地域ではバスに乗るよりタクシーに乗るのが当たり前。また通勤通学のタクシーも会社が保証してくれるのも当たり前。そんな世の中に変わっていくかもしれません。

また交通の常識だけでなく副業に関しての人々の考え方も柔軟なものになっていくと思います。

空いた時に誰でもタクシーの運転手などの副業をして必要なお金を稼ぐ。不必要なまでに労働しなくてはいけないという固定観念も徐々になくなっていくかもしれません。

世界的にも過労問題が目立っている日本。シェアリングエコノミーの台頭により、人々の豊かさへの判断基準が変わりライフスタイルがより多種多様なものになっていくものと思われます。もうがむしゃらに働く時代は終わりです。

ITの力で今までの常識が覆され、世の中がどう変化していくのか注目ですね。

  

いかがでしたでしょうか。今後にUberが日本にどう影響を与えていくのかが非常に楽しみですね。ぜひ日本のタクシーをもっと利用しやすいものにしてください!

それでは今日はこの辺で!また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする