Amazon Echo PlusやSpot・Show・Lookの違い&比較!

こんにちは!ピジョンです!

日本国内で年内のAmazon Echo販売開始が発表されましたね!!

ついに日本にもAIスピーカーの時代の波がやってくるということで世間の話題は持ちきりです。

実際に、日本国内でAlexaを呼び出すことができるとなると胸熱です。

そんな中、アメリカではAmazonから続々とAmazon Echoシリーズのラインナップが登場していますね。

ってなわけで今日はアメリカで発売されているAmazon Echoシリーズのそれぞれの機種の特徴や違いについて整理していきたいと思います!

どれもAIスピーカーなのでさほど変わりはないように見えますが、調べてみるとよく場合分けがされているなあと感心してしまいました

(一方で調べるには非常に苦労しました。)

Amazon Echoシリーズはアメリカ市場で70パーセント以上のシェアを獲得していますが、その理由も調査すればするほど納得です。

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

Amazon Echo Plus

Amazon Echo Plusは簡単です!

従来のスタンダードなAmazon Echo にスマートホームHubがあらかじめ搭載されているものです!

スマートホーム設定を数分で完了することができるだとか。

確かにスマートホームの設定はWiFiのセッティングやらなんやら非常にめんどくさいので、これはありがたいかもしれませんね。

Amazon Echoは第二世代からその高さが3分の2ほどに低くなっていますが(Google Homeと同じくらい)、Amazon Echo Plusは第一世代と同じくらいの背丈になっています。

なので少しごついような感じですかね。

それほど高機能なスピーカーや処理性能を搭載したデバイスをコンパクト化することは難しいことなのでしょうね。

それでもどんどん小さくなっていくAmazon Echoシリーズには感服します!

スポンサーリンク

Amazon Echo Show

Amazon Echo Showは私の一番のお気に入りのデバイスです!

Amazon Echo Showは7インチのタッチスクリーン搭載のデバイスです。

情報を視覚からも提供してくれ、従来のAIスピーカーとは一線を画した商品となっています。

カメラもBuilt-inされていて、写真や動画の撮影やテレビ通話も行うことができます。

なぜこれが私の一番のお気に入りかという理由は非常に簡単です。

リクエストは声が一番楽で、情報の取得は目が一番楽だからです。

要はコンシューマーデバイスにおけるユーザーエクスペリエンスに革命が起こっているのです。

これは是非一度お試しあれ。

Amazon Echo Spot

Amazon Echo Spotも革新的なデバイスです!

これはAmazon Echo Showのミニマム版だと考えてもらって大丈夫です!

現在、Amazon EchoシリーズではDotが一番売れているので、そのスクリーン搭載版であるEcho Spotは次の売れ行き商品の大本命となります。

2.5インチの丸型スクリーン搭載で非常にスタイリッシュであり、大きさも非常にコンパクトなサイズに収まっています。

家中のあらゆるシーンにおいて使用できるように設計されているわけです。

なぜこんなコンパクトさを実現できているかというと、他のEchoデバイスと比べてスピーカーと音声認識範囲の質を落としているからなんですね。

個人的にはリビング、キッチン以外の部屋はこのEcho Spotがフィットしそうな気がします。

これは私自身も触れてみたことがないのではやく触ってみたいです。

スポンサーリンク

Amazon Echo Look

Amazon Echo Lookも他社のAIデバイスや他のEchoシリーズと全く違ったデバイスとなっていて面白いです。

Amazon Echo Lookはカメラを搭載していて、スタイリングのチェックをおこなってくれるという独自の機能を実装しています!

2枚の写真からよりベターなスタイリングをしている方を選んでくれるわけです。

他にも自分のスタイリングアルバムを作成することもできます。

しかも無制限ストレージを3年間無料提供してくれるだとか。太っ腹ですねー

ただこれは現在、Amazonからのインビテーションが来ないと購入できないモデルとなっています。

自分も1ヶ月以上前から応募していますが、一向に連絡は来ません。。

是非ともスタイリングチェックを試してみたいんですけどね。

絶対楽しいと思います。

  

Amazon Echoシリーズには多様なラインナップがあり、日常のあらゆるシーンに使用されることが想定されています。

コンシューマーの日常生活のいたるところにAmazon Alexaが浸透していくわけですね。

過去の関連記事もぜひ参考にされてみてください。

Alexa搭載のAmazon EchoとDotとTapの違いと日本語&国内対応時期も
みなさんこんにちは!ピジョンです! 今日はアメリカで大ヒットしているAmazon Echoやその派生商品Amazon Echo...

今日ご紹介したように、Alexaを筆頭としたAIが人のライフスタイルを革新し始めています。

今後もAIをうまく活用して人間の可能性を広げられる世の中が進むことを祈っています。

個人的には楽しみでしょうがありません。

それでは今日はこのへんで。では。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする