茶碗の中の宇宙(東京国立近代美術館)の混雑や図録&感想・評判

みなさんこんにちは!ピジョンです!

いま皇居のすぐそばの国立近代美術館で茶碗の中の宇宙の東京展が開催されています!

東京のど真ん中で、千利休の愛した茶碗や歴代の重要文化財となったコレクションを見ることができるチャンスです!

この機会を逃す手はありませんよね!?

というわけで今日は茶碗の中の宇宙の東京展気になる情報を紹介していきたいと思います!

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

茶碗の中の宇宙

いま東京国立近代美術館で茶碗の中の宇宙の東京展が開催されています!

茶碗の中の宇宙では千利休が愛した名茶碗や歴代の重要文化財などがコレクションされていて、非常に見どころの多い展示会になっています!

注目が集まっているのは初代長次郎の黒樂茶碗”大黒“などでしょうか。

時代を代表してきたお茶碗をその歴史を追いながら鑑賞することができるので、お茶碗についてあまり詳しくないという方も十分に楽しめる内容となっています。

開催期間は2017年3月14日から5月21日の約2ヶ月間となっています!

入場料は一般1,400円、大学生は1,000円となっています。

この展示物のクオリティでこの値段は安い!

チケットはオンラインで購入できるのでチケット売り場をなくすためにオンラインチケットを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

茶碗の中の宇宙の混雑状況

常に混んでるわけではありませんが、祝日の昼や平日の夜などの人気の時間帯は多少混雑しているようです。

ただ僕としてはあまり混雑は気になりませんでした。

個々の作品への説明がそんなにあるわけではないので入場者の流れがはやいからですね。

まああくまで僕の体感としてですが。

まだ茶碗の中の宇宙はメディアで大々的に取り上げられている訳ではないので、いまのうちにいってしまうのが得策かもしれません。

茶碗の中の宇宙の公式グッズ

茶碗の中の宇宙ではハンコ便箋セットなど味わいのありながらもポップなグッズがたくさん売られていました!

もちろん図録を買うこともできます!

これらの公式グッズはまだネットでは販売されていないようなので逃さず手に入れるようにしましょう。

図録バッグも大人気のようなのでぜひチェックしてみてくださいー!

僕はお土産に限定千寿せんべいを買いました。

スポンサーリンク

茶碗の中の宇宙の感想・評判

最後に茶碗の中の宇宙に実際に行った人の感想・評判を見ていきましょう!

みなさん圧倒的に満足という声が多いです!

ネット上のみなさん声もみているとネガティヴな意見が聞かれなかったことに驚きました

ついついじっと見入ってしまってしまったという方もいっぱいいたようですね。

僕も実際に展示会に行った時は茶碗の中にある広大さに圧倒されてしまいました。

みなさんも茶碗の中の宇宙展に是非足を運んでみてください。

  

いかがでしたでしょうか。

お茶碗に興味がある方もない方も、この機会に茶碗の中の宇宙展に足を運んでみて日本の文化を体感されてみたら面白いと思います。

小さな発見などもあり、お茶碗に対する見方も変わるのではないでしょうか。

それでは今日はこのへんで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする